【展覧会のお知らせ】SOUND&ART サウンド&アート展 – 見る音楽、聴く形 (11/6~11/21)アーツ千代田3331

 

 

 

SOUND&ART サウンド&アート展 – 見る音楽、聴く形

会 期 2021年11月6日(土)~11月21日(日)期間中無休
会 場 3331 Arts Chiyoda |アーツ千代田 3331
開場時間 12:00~18:00(入場は17:30まで)
入 場 料 一般1,200円、高校・大学生600円、中学生以下300円、未就学児無料(当日:一般1,500円、高校・大学生900円、中学生以下600円)
公式ホームページ SOUND&ART サウンド&アート展 – 見る音楽、聴く形

本展は「見る音楽、聴く形」をテーマに、新しい創造的な楽器やサウンドをめぐる作品を集めた展覧会です。 美術と音楽の歴史を紐解いてみると、そこにはさまざまな交差点があります。一般的に「音楽」といえば、楽譜に書かれたものを楽器で演奏して作るものと考えられています。けれども、20世紀に入ってからは、これまで音楽とは考えられなかった「音」や視覚的な要素を音楽の中に取り込む試みがなされてきました。既存の楽器では出せない「音」や視覚的な要素を作り出すために、新しい「楽器」が作品として作られました。その一方で、一般には視覚芸術に分類される彫刻やオブジェ、インスタレーション作品の中には魅力的な「音」を奏でる作品があります。(主催者ご案内文より)


この展覧会では、人が演奏できるものから、自動演奏するものまで様々なサウンド・アート作品が展示予定ですが、バシェからはバシェ音響彫刻「勝原フォーン」、勝原フォーン修復の時に東京藝大とマルティ・ルイツの共同で作られたアプレ・バシェ「RSタイプ」、バシェが教育用に作った音具(愛称)「パレット・ソノール」9点(京都市立芸大所有)が展示予定です。パレット・ソノールが東京で展示される機会はめったにありませんので、ぜひ、バシェファンの方にもご覧いただきたいです。

展覧会に入場するするには、コロナ感染予防のため、事前に日時を指定してチケットを購入する必要があります。イベントもたくさん用意されていますが、展覧会チケットのみで観れる「アーティスト・トーク&デモンストレーション」以外は、イベント参加のためのチケットが必要で、それぞれのイベント独自のPTATIXサイトに参加資格、参加料金、定員などの詳細が記載されていますので、よくご覧になってご購入ください。満席になっていなければ購入できます。

バシェ関連イベント

アーティスト・トーク&デモンストレーション

※このイベントは満席となりました
日 時:11 月 6 日(土) 14:10~15:00
演 奏&トーク:永田砂知子(日本バシェ協会会長、打楽器奏者)
イベント詳細はこちら

ミニ音響彫刻キット組立て体験ワークショップ

日 時:11 月 9 日(火) 10:10~11:55
講師:三枝一将、田中航
対象者・定員:創造的な音楽づくり活動をされている方、創造的な音楽づくりに興味のある中学生以上の方10名
参加費:3,000円(展覧会入場料は別途)
イベント詳細はこちら

パレット・ソノールを使った小学生&指導者向け音楽ワークショップ

日 時:11 月 13 日(土) 10:10~11:55
講師:岡田加津子
対象者・定員:●前半10:10-11:00:小学生10名 ●後半11:10-11:55:指導者、創造的な音楽づくりに興味のある大人5名(大人の方は前半「小学生対象ワークショップ」開始時間に集合のうえ、見学いただきます)
参加費:小学生1,500円 大人3,000円(展覧会入場料は別途)
イベント詳細はこちら

<コラボレーション・パフォーマンス>谷川俊太郎(オンライン出演)×内橋和久×バシェ

日 時:11 月 16 日(土) 11:00~11:50
出演:谷川俊太郎(オンライン出演)、内橋和久
定員:20名
参加費:2,000円(展覧会入場料は別途)
イベント詳細はこちら

<コラボレーション・パフォーマンス>谷川俊太郎(オンライン出演)×内橋和久×バシェ

日 時:11 月 16 日(土) 11:00~11:50
出演:谷川俊太郎(オンライン出演)、内橋和久
参加費:オンライン参加・チケット:1,000円
イベント詳細はこちら


その他のイベント情報はこちらのサイトにすべて掲載されています。

https://muse-creative-kyo.com/caec/soundandart-event-info/

バシェ協会とは


バシェ協会は、バシェ音響彫刻の存在を広く一般に周知させるために2015年2月25日に設立されました。大阪万博鉄鋼館で展示されたフランソワ・バシェ音響彫刻の残された部材を素に大学や研究者などと共に修復プロジェクトを行っています。また音響彫刻を使ったワークショップ、コンサート、シンポジウムなども手掛けてゆきます。

ARCHIVE

Illustration:Alain Villeminot

バシェ協会は、1970年大阪万博(日本万国博覧会)鉄鋼館で展示されたフランソワ・バシェ音響彫刻の残された部材を素にした修復のプロジェクトを、京都市立芸大、東京藝術大学、マルティ・ルイツ(バシェ研究家/バルセロナ大学)等の協力者と連携をとり進めています。また、バシェ兄弟の音響彫刻を使ったワークショップ、コンサート、シンポジウムなどを開催しています。

池田フォーン
(2010年/Expo‘70パビリオンオープン時、万博記念機構の依頼から乃村工芸社により修復)
川上フォーン
(2013年11月/川上格知とマルティ・ルイツにより修復)
高木フォーン
(2013年11月/川上格知とマルティ・ルイツにより修復)
桂フォーン
(2015年/京都市立芸大・彫刻科・松井紫郎教授の協力のもと彫刻科の学生とマルティ・ルイツにより修復)
渡辺フォーン
(2015年/京都市立芸大・彫刻科・松井紫郎教授の協力のもと彫刻科の学生とマルティ・ルイツにより修復)
勝原フォーン
(2017年/東京藝術大学バシェ音響彫刻修復プロジェクトにより修復)