バシェの音響彫刻《高木フォーン》

Photo by Yuki Moriya

2013年11月 川上格知とマルティ・ルイツにより修復・復元)

クリスタル・バシェと呼ばれるガラス棒をつかったもの

サイズ・D4×W2・5×H2

ガラス棒とそれを支える調律された寸切ネジの棒がある。水でぬれた指でガラス棒をこするとなめらかな水との摩擦がとその緊張の緩和によって振動が起こり、その振動はステンレススチールの棒のところで音を発する。ガラス棒は音を発しない。音はコーン(ボール紙の円錐形)の部分で増幅される。


解説文章作成・永田砂知子

(素材・サイズ、構造、などは鉄鋼館資料にもとづく。奏法の解説部分はフランソワ・バシェが書いたものに加えて、実際に演奏した経験から永田砂知子が記す)