バシェの音響彫刻《川上フォーン》

(2013年11月 川上格知とマルティ・ルイツにより修復・復元)

打楽器 

サイズ・D3m×W2m×H3m

素材・スチール ボール紙 ピアノ線

寸切りボルトが並んでいてそこを叩いたり、擦ったりして発音させる。

ボルトの中の数本には、猫の髭のようにピアノ線がたくさんついていて、ボルトを叩くと一緒に振動し、ざわざわとしたエコー効果音が長い余韻として楽しむことができる。

また太いスプリングが数本、本体左側にくっついていてその部分を叩いたり擦ったりすると迫力のあるサウンドが広がる。寸切りボルト、スプリングからの振動音は、スピーカーの役割であるコーンの部分に伝わり拡声され、複雑で迫力のある音が鳴る


解説文章作成・永田砂知子

(素材・サイズ、構造、などは鉄鋼館資料にもとづく。奏法の解説部分はフランソワ・バシェが書いたものに加えて、実際に演奏した経験から永田砂知子が記す)