バシェの音響彫刻《渡辺フォーン》

Photo by Yuki Moriya
作品データ《WATANABE PHONE》
サイズ W 2,500mm × D 1,300mm × H 4,300mm
素材 ステンレススチールの横棒、スチール、アルミニウム

2015年 京都市立芸大彫刻科 松井紫郎教授の協力のもと彫刻科の学生とマルティ・ルイツが修復・復元

19本あるスチール棒からなる発音部分と巨大なひとつの金属のコーンの部分、それを支えるステンレス・スチールの横棒からできているだけのとてもシンプルな構造だが、大変深くて豊かな低音が鳴り響く。

渡辺フォーンと桂フォーンは、京都市立芸大美術学部松井紫朗教授、彫刻専攻の学生たちの協力を得て、マルティ・ルイツによって修復された。マルティ・ルイツの招聘は、京都芸術センター×京都市立芸術大学 「アーティスト・イン・レジデンス プログラム2015」によって行われた。 修復などの資金は京都市立芸大の柿沼敏江教授(当時)が野村財団、公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団、京都芸大海外交流プログラムと数多くの助成金を取得して用意された。

※桂フォーンと渡辺フォーンは、京都市立芸大美術学部松井紫朗教授、彫刻専攻の学生たちの協力を得て、マルティ・ルイツによって修復された。マルティ・ルイツの招聘は、京都芸術センター×京都市立芸術大学 「アーティスト・イン・レジデンス プログラム2015」によって行われた。 修復などの資金は京都市立芸大の柿沼敏江教授(当時)が野村財団、公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団、京都芸大海外交流プログラムと数多くの助成金を取得して用意された。


解説 : 永田砂知子